2011年04月04日

読書法 集中力を鍛える 感想

ジニアス速読術を実践するうえで大切なのは、

3分間という区切りです。


数々のトレーニングがありますが、3分間で終わるように工夫されていて、

疲れるだけのトレーニングをダラダラと続けることがありません。



また、ニンテンドーDS「右脳を鍛える」のゲームを監修しているように、

トレーニングもまたゲーム性があり、楽しんで取り組めるようになっていて、

あれ?と言う間に、速読が身につき、気がつくと本を読むスピードがあがってしまいます。


こんな方法ならば、速読を身につけることに挫折をすることがなくなりますので、

↓のようになることは現実的になります。




■読むスピードが以前の2倍から3倍になる

■人の5倍、6倍の結果を簡単に出せるようになる

■進んで勉強するようになる

■これまで諦めていた資格の習得も可能になる





読書スピードが数倍にアップし、理解力もそれに比例して向上する速読法を身につけるにはこちら





posted by 川村明宏 at 10:10| 速読 川村教授 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。